自分の幸せを見極める 乙女座満月3.10(星からのメッセージ)

3月10日2時48分 乙女座満月

寒さと温かさに身を委ね

静かに咲いて

静かに散った

民家の間にひっそりと立つ1本

今年の早咲き桜


みんな蕾が膨らむのも気づかないくらい

画面に夢中だったけど

私は私の最高の花を咲かせました

とっても幸せ

今年の桃色

〜〜〜〜〜

乙女座の方角にまあるく輝く月は

そんな桜の

満足なひとり言を

静かに聞いていました


私はとっても守られ生きてきた

沢山の愛情に包まれて

月は語り出す


いつか

温かな家庭を築き

夫を支え子供を育て

そんな女性の幸せを得るため

みんなが私を育ててくれた


代々受け継がれた

女性の幸せ

私の幸せな人生も

きっとそういう輝きのものだろう


だけど今の私は一人

大切な人は側にいてくれて

固い絆に結ばれてる

でも


何かがしっくりこない月は

ぼんやりと

美しく散った早咲き桜の花びらの

その鮮やかな桃色を見ている内

心のざわめきが湧いて来ました


あの桜は

なんて美しいのだろう


真反対の魚座の太陽は

もう私らしく

輝く気満々なのだと

言うのだけれど

月の耳には届きません


そんな月と太陽を眺める火星


火星は思います

人の声に耳を傾け願いに応え

感情に走らず実直に努力すること

人に成果を認められ

目標を達成する幸せを知っている


でもそこにあった

密かな涙も知っている

その涙を安らげるのが私の役目


火星の反対側の蟹座から声がします

あなたは

どんなに人に褒められても

声が消えると共に

自分を見失うことがあったでしょう


もうあなた自身を支えるあなたの声で

自らが潤う生き方を知っている筈です


ぱっと

目に飛び込んできたのは

声のした蟹座から繋がった天体たち

牡牛座の金星と天王星

そして水瓶座の水星

みんなそれぞれの目を

ギラギラ輝かせてこちらを見ています


もう子供時代は終わったんだ

沢山の助けを得て

人生の先輩に倣った時はとっくに過ぎた


それから沢山の経験を積んで

沢山の人の話、沢山の世界を見た

それは新しく

あなたがあなたを作るため

あなたがあなたの大切なものを見極めるため


そこにあったあなたの真実は何でしたか?

あなたの喜び

悔しさ、怒り、悲しみ、後悔


何のために人との違いに悩み

自分らしさを出しては自信がなくなり

自分らしくなくても

人と同じに合わせて繋がることで

まだ孤独よりかはいいと

安心感を得ようとした

そこに本当の幸せはありましたか?

他に方法はなかったのでしょうか


喜び、幸せとはどんなもの

妻となり母となること

夫を支える暮らし

本当にそれが一番の願いでしたか?

この世はもっと広く沢山の形の幸せが溢れてる

その中から

あなたが選ぶのです


自分中から溢れ出す

愛しきものを伝える金星は

人からの借り物の愛では満たされない


腕を組む天王星は

何物にも捉われず

キャッチしたものの中から生み出す感性を頼りに

古きを新たにする天体


そのアイデアに金星は感化されつつ

時代と自分の成長に合わせ

常に見直しと革新を好む水星の応援を得て


今まで自分の大切だと思ってた価値を

今の自分に本当に大切なのか

照らし合わせてみようと思うのです


遠くで

いらない肩の荷を下ろしなさい

いらない心の枠を取り壊せ

そんな声が聞こえた気がします


あの頃に描いた幸せも真

だけれど今の自分には

自分らしい形がある


夫婦、家族、そういう絆も幸せ

そういう安定も幸せ

でも他と違う形がもつ幸せな絆

それが確かにここに存在する


母として我が子に注ぐ愛 幸せもある

でも子供のない自分には

肉親のように誰かに添える幸せがある


絵を描く

無いところに生み出す愛も溢れてる

どんなに下手っぴだとしても

描いている時間は全てが喜びに満ちている

周りにいる人など存在しないような

ただ自分とだけ繋がる

そんな幸せもある


自分が注ぎたいものにだけ愛情を注ぐ

その確固たる信念を固める

自分の心の地盤を固めることは

金星と天王星の嬉しいこと


魚座の太陽は

リラックスした海王星と共に

自分の幸せの形を見極めることは

容易くないことを知るからこそ


紆余曲折しても

自分で歩みながら見極めるんだという力強さが

無数の色をこの世に生み出す

太陽の輝きの元になることを知っています


月は、ふとおじいさんに言った

最後の会話を思い出します

「ひ孫を抱かせてあげられなくて、ごめんね」

でもおじいさんはその時言いました

「そんなことは思ってないよ

じじはあなたが幸せならそれでいいんだよ」と


そして「一番大事なのは、愛だよ」と

ぎゅっぎゅと力強くこの手を握り


太陽は月に語ります

今の私を輝きましょ

それは代々の人々の教えの感謝の上

私たちは自分を生きる為に生まれてきた

この一度きりの人生

自分が喜びに満たされる道を作りましょう


月はもう代々繋いだ幸せの形とは違っても

私の幸せを生んでいこうと思います


静かに息を整え

背負った荷物を下ろし

ただただ人々への優しい思いやりの乙女座の光を

そっと放ち始めるのでした


 ⭐️   ⭐️ ⭐️ ⭐️   ⭐️ ⭐️   ⭐️ ⭐️ ⭐️   ⭐️   ⭐️ ⭐️  

Mother Universe 代表 SINRIライフクリエーター田中みずえさんとソウルレボリューション塾生による星読みのブログも、ぜひご覧下さい♡

yolo atelier yoko

〜 人生一度きり たった一人の私を楽しもう 〜  人はみなそれぞれの願いがあり、その人らしい幸せの生き方があります。 色とりどりに放つ願いや、生き方を重んじ合う時、 この世というキャンバスは、より色彩豊かな美しい絵画へと輝くのです 心理占星学が伝える真理を、心に寄り添うアートにし 愛と癒しのメッセージを描きます

0コメント

  • 1000 / 1000