分かち合うお弁当 水瓶座新月1.25(星からのメッセージ)

1月25日6時42分 水瓶座新月


湿り気を帯びた夜風が頬を撫でる

蟹座の満月から

毎日小さな歩みを続けて来ましたが

何かが心にかかります


1月25日は水瓶座新月です

それは更なる見直しからの新たなとき


太陽は姉の母性に包まれて

心にかかる

その正体を掴もうとしています


山羊座木星は

家庭でも、広い社会の中であっても

人々が共に心の平安な住処を作るため


相手のままをみる

相手のお弁当を知る

食べさせて貰う

今どう考えこのお弁当を持つのか


早起きして作ったのか

何故この味付けなのか

思いを巡らし

話を聞き

言葉にできない声も拾えたらと

静かに心を傾ける


自分にもある

お弁当が用意できない時

おむすびさえ握れない時も

心が疲れて

味付けが濃くなることもある

人には様々な環境も状況も価値観も

事情も思いもある


その違いには意味があり

それは心穏やかな住処を一緒に作り上げる

ヒントのあることを伝えています


ここに見守るのは

まだ心の底に拭いきれない悲しみを抱く

魚座海王星と

寄り添う愛の天体

魚座金星


自分の中にあるのは

嘗ての乾かぬ涙の欠けら


力及ばなかった、すれ違った

分かり合えなかった、分かち合いたかった

理解に至らなかった、あの時気づけなかった

道を作れなかったその思い

もう戻らず

戻らぬ時間

様々な後悔もあるからこそ


今の目の前のここを今度こそ

みんなの温かな住処を探る

その努力を促しています


牡牛座天王星は

土星と冥王星の持つ

人間として、どこまでも深く

ただただ他者の全てに身をおいて

理解の枠を広げるため


他者という引き出しを増やし

分かちあいの自分と

自分らしい願いを見失わず

共に進む新しい道を生み出す自らを形成せよと

背中を押すのです


水瓶座太陽は月の母性に包まれて

天体の神々の話を聞きながら

心にかかるものを掴みつつ

自分らしきあり方を見直します


水瓶座水星は伝えます

涙の魚座海王星と金星は

太陽のその輝きと共に癒し輝くのだと

射手座火星もまた

未熟な青い自分であっていい

ここにある願いを見据え

今を精一杯に生きることが

この世を温かい世界へと変えて行けると

語っているのだと


太陽は月と思います

嘗ての心が痛み出し

あの時の挫折が顔を出し

この足を重くしても

それでもまた

この今という時が

目の前にあることが感謝なのだ

今この身体があることが喜びだと


その今を大切に生きたい

自分の手で切り開きたい

全ての思いを携えて

歩みたい


私も私が食べたいお弁当をもっと作ろう

目の前に並ぶ食材

自分という鍋

かけられる時間

自分の大きさのお弁当箱に詰め

自分が美味しいと思い

毎日食べたいと思うお弁当


そして

もっともっと願うお弁当を作るため

毎日毎日包丁を研ぎ

欲する体の声を聞き

最大限の自分の愛情を注いで


誰かと一緒に食べたいお弁当

誰かと一緒に作るかもしれない

いま作りたいお弁当を

ひたすら一生懸命に作る


そしてこれが私のですと

毎日このお弁当で精一杯に生きていますと

携えて歩もう


そしてあなたのものも頂かせて貰えたら

とお聞きして

あなたの歩みに尊敬と敬意を払い

共に明るい未来を作りたいからと


今の自分達には手の及ばない範囲のこと

未来のこと、事の成り行きは

大いなるものにお預けして 

*****

Mother Universe 代表 SINRIライフクリエーター田中みずえさんソウルレボリューション塾生による星読みのブログです♡ 

*****
優しく温かく全てを包み込んでくれるような愛のお花
訪れて下さいました
皆さまの元にも届きますように♡

yolo atelier yoko

〜 人生一度きり たった一人の私を楽しもう 〜  人はみなそれぞれの願いがあり、その人らしい幸せの生き方があります。 色とりどりに放つ願いや、生き方を重んじ合う時、 この世というキャンバスは、より色彩豊かな美しい絵画へと輝くのです 心理占星学が伝える真理を、心に寄り添うアートにし 愛と癒しのメッセージを描きます

0コメント

  • 1000 / 1000